« みちのくD1フェスティバル | トップページ | 通常営業開始だが・・・ »

2008年5月12日 (月)

途中寄り道「エビス南」

AM8:00 初日は3時間、その後ずっと5時間睡眠だったので、
体力的に、私は限界・・・。
三上を走るって言うのに、体が動きません。
普段だったら「ウキウキ」して起きちゃうのに・・・。
そんでもって、今日エビスを走行後に埼玉へ帰るって考えただけで非常にダルい。
今現在のこの体力でさえ、トラックを運転する元気ないのに・・・。
三上に頑張ってもらうしかないな!?

4_004 4_005

エビス南コースは、私と三上2台だけ。
支配人と田中さんの車輌は撮影の為に準備していました。

三上と私が南に到着した時には、コース上で撮影(声撮り)
していて、昨日の今日なのに、しっかり早くからお仕事をしていました
普段はわかりませんでしたが、物凄いハードスケジュールをこなしているのですね!

3UPは9:00頃到着して、荷物を降ろして走行の準備していたら
あっという間に10:00近くになってしまいました。

4_008 4_009

まずは三上の走行から。
足回りの仕様変更(ナックル加工)と、バネを交換しながら
色々な実験をして見ます。
昨日、青森のサーキットを走ったけど、慣れていないコースだと
何が変わったか、良く判らないからね。
三上がドリフトを覚えたのが、ここ「エビス南」なのです。

ドリフト始めたばっかりのときは日光ばかりだったけど、今は私もエビス南がホームコース。
下手くそだけど・・・予選落ちするけど・・・

4_012 パワステ爆弾がなくなったから
不安要素は1つなくなった。

ただね、三上の中でこのR33
に対する思い入れが大きくて
(あれだけ徹夜して寝ずに作って、壊したくない。と)

なんだか思い切れない感じ。
しっくり来てないんだよね~。知らない他人の車を探っているような・・・
まだ自分の車になっていない感じです。

私の方は、一昨日から履いているフェデラルSS595の中古2セットで
走ります。まぁそんなに溝が無いけど、ゴムがついてりゃ大丈夫でしょ!?

私的には、この後に大会や壮行会の予定が全く「無し」なので、
楽しく、新しい路面のエビス南を走れれば良いのです。
調子の良いこのGT2835+上置きマニと、三上セッティングで
今までより、すっごくラクチンに走れるのだろう・・・。と

さて、コースインして感じた事。
ここ2年ほど、Rタイヤはずっと595RS(スポーティーな方)を
履いていたんだけど、今後RタイヤをSS595に変更する事にした

お客様と同じタイヤで、車高調のセッティングの話が出来た方が良い。
改めて、足のセットからです。
昨日と同じ減衰力で、エビス南を走ってみたら・・・

あれ~?なんか、随分と今までと違うフィーリング!
サイドウォールのヨレを上手く使えれば、凄く止まるし、横向いて武器になるはずなのだが・・・
ハンドル切って、アクセルオンすると、Rタイヤの強いたわみでFが浮いて、アンダーを誘発してしまう。
足がしっかりと動くようなセッティングになっているのですが、足も動いて、タイヤも動く。
このタイミングが掴めなくて、ひたすらアンダーと闘ってしまった。

う~む?昨日コースアウトしてタイヤバリアにぶつかった時にちょっと足打ってアライメントが狂っちゃったのかな???
考えると不安になってきて、益々アンダーを誘発。レッツゴーコーナーから、下りのS字を永遠グルグル回ってやり直すが、上手くいかない・・・。
無理くり、S字を下って行ったら・・・ありえない所(壁際の手前)で大スピンかましました。

なんだか怖い。車が変?私が変?多分私だよな~~~?
ひたすら、1コーナーに入らず、下りのS字ばかりをグルグルグルグル
なんとなく、フッと土手の上を見たら・・・赤っぽい服の人が居た。
あれ???末永直登氏だ・・・。

って、ことは?いつから見ていたのだろう???なんだか恥ずかしくなりました。

4_022 4_025

昨日のメンツが勢ぞろいです。
野村さんも撮影でいらっしゃっていました。ご苦労様です。

末永兄に「いつから居たの?」って聞いたら「結構前ですよ」
大スピんもバッチリ見られていました。

「なんだか、アンダーがきつそうですね。」と兄が言う。
やっぱ、そうなのかな?でも私がアンダーを出しているだけかもしれない。

そうか!ココ(直登氏)に、
スーパードライバーが居るじゃない!!!

4_014 という事で、兄にお願い

「ねぇ~私の180sx運転してみてくれない?そんで変な所あったら教えて!」
お願いなのに、ちょっと偉そうな私

人の車を乗るのって、イヤだろうけど・・・兄は
「いいですよ。じゃちょっとだけ」
と、OKしてくれました。

初めて乗る私の車をどう操ってくれるのか。非常に楽しみです
三上と二人で1コーナーで見学。

4_019 4_018

1週目は様子を見て、蛇行して車の様子を伺います。
そして2週目・・・。
いきなり D1SLなら「予選通過!!」の走りをしてくれます。

えぇぇ~???もう出来ちゃうの???これ、様子見だよねぇ?
アンダーは? 私が苦しんでいたアンダーはどこへ行かれたのかしら?
タイヤも、兄のと違うよ!? 中古のSS595だよ~!?
なのに、えらい速いし、止められるし・・・。

4_015 4_020

ほんの何週かで、私が求めて何年も練習している走行をしてしまった
私の180sxの素晴らしい走り姿を拝ませてもらいました。

「いけいけ~」カッコよい180sxを見たくて、何週もさせます。

へぇぇ~、やっぱ乗り手が良いと、こんなにすごい車だったんだぁ~
可愛そうに・・・本当に可愛そうな私の180sx。
本当はこんなポテンシャルを持っているのね・・・。

・・・直登氏の感想・・・

「いいですねぇ~、乗りやすい。下もあるしパワーも充分!
少しアンダーっぽいのかなぁ?僕ならFショック少し上げますね。
ファイナルがちょっと合わない。僕なら3,7か3,9にしたいです。
それにしても、フェデラルSS595、意外と食うんですね~
楽しくて、いっぱい走ったらタイヤ減っちゃった!」

ふぅ~ん。車に問題は無さそうだ。いや、素晴らしいマスィ~ンだ。
そして、素晴らしいドライバーだ! 
兄が急にすごい人って思えてきた(今までは何だったんだ?)

さっきまで、グダグダだったのに、車はOKって言ってくれたから、急にやる気が出ちゃった!

4_036 4_031

この際dから、スーパードライバーをコキつかっちゃいます。

三上は、何回も足をいじって、なんとなく良い方向に来た気がするんだけど、
なんだか不安がある。信じ切れない。馴染めない。
今履いているタイヤが、昨日使っていたSS595だからなのか?
なんだかこのR33スカイラインに馴染めない三上

「何だったら・・・スカイラインも乗ってみない?」
「いいですよ。ちょっとだけ・・・」 
「ねぇ兄、車のダメ出しして!オレ判らなくなっちゃった」

ちょっと、ウキウキ顔をしてR33に乗り込んだ直登氏

4_027 4_032

1週は、様子を見て・・・ ニコニコしている。

そして2週目。 ジャァ~~~ン!
綺麗にS字を下ってきて、スピードを乗せて壁際ギリギリ・・・
そして、耐えて一気にパ~ン!と進入。

へっ? 簡単そうにやってるよ?

4_029 4_033

三上が苦労している壁際も難なく「予選通過!」走り
何週走っても、決めてくる。
このスカイラインでは、三上の進入角度よりすごいかも!
ってか、兄って・・・すごい!
やっぱドライバーなんだね~!

4_037 4_039

三上・・・ ショック・・・。 大ショック・・・。

兄の感想に 立ち直れなくなっていました。

「すっごい楽しい!良いですね スカイライン!
可能性を感じますよ。何か秘めていますよ。すっごく乗りやすい!」

三上があんなに苦労しているのに???
まぁ、三上は昨日初めて履いたフェデラルのSS595。
いつも履いているフェデラル 595RS-Rと違って、ちょっとヨレに
苦労していたのに、兄は何もかも初だんだよ!?

「ちょっとタイヤが無いから、スッポ抜けそうな気がして、角度は付けられないですけど、それにしても楽しい車ですね!いい!すっごくいい!」
兄が興奮しています。

兄に乗ってもらって判った事は、「車は良い」事だけ。
ただ・・・三上の好きなフィーリングじゃないんだろうね。

でも、さすが!のドライバーです。
インプのダブルウィッシュボーンと、S13のストラットの足の車を
大会の中で、1日で乗り換えて走る末永兄。
感動しました。 

4_044 4_047

三上は、いつも履き慣れているフェデラル 595RS-Rに交換
足をバラバラにして、またまた実験&テストが始まりました。

兄と「オタク」話しながら楽しそうに・・・。

そんな中、私は自分の180sxに乗り込んで練習走行開始!
いつも、Fショックは固定で、Rだけショックを変えてみて、
自分の好きなフィーリングで走っていたけど・・・
兄がFショック硬い方が良いって言うから、私も実験してみた。

いつものフィーリングと、硬めにしたフィーリング
ショック3つ硬くしただけなのに・・・。私はなんだか嫌い。
う~む・・・。コレで乗れたほうが良いのかしら???う~ん?

兄は簡単そうに走っていたのに、私がハンドルを握ると全然ダメ
さっきまでイキイキと走っていた180sxが、グダグダです。
なんでだよ~。ちっきしょぉぉ~~~。

ムキになっていました。

無理くり1コーナーに進入して・・・ブゥ~~~ン!って蹴ってサイド!
で・・・ハンドルロックが掛かってしまいました。
やばい!。ってもうサイド引いてるし・・・。 ブレーキ離せなくて
綺麗にハイサイド!

グチャッ!

久しぶりに、フロントから刺さりました。
あぁ~~~、なんてこった。しかもギャラリー沢山・・・。
恥ずかしい・・・。 

タイヤバリアから車を引き抜いて、被害状況の確認。
Fバンパーを無駄に割っただけで済みました。
こんな時の為の「中置きインタークーラー」に助けられました。
有難う・・・三上。

いつもはブルブルとハンドルロックしないのに・・・
やっぱり、少しアライメントが変わっちゃっていたんだね~。
キャスターが寝ちゃったんだろうな~。

Fバンパーを外して、その後もムキになって走ったけど、
ブルブルするって思ったら、なんだか怖くて・・・。
タイヤもツルッツルなのに、食ったりすっぽ抜けたり・・・。
完全にリズムを失って、散々の走りを、大勢の方の前で披露。
一応、7週走って、PITに戻ります。

田中さんに「あけたん大丈夫?」心配されていました。
ダメです。 完全に自分を見失っていました。

エビスってやつはぁ~コレだからイヤになる。
ちょっと走れるようになったかな?って思うと、コースが変わる
ずっとコレの繰り返し。本当に楽しいエビス。悔しいエビス。
ドライバーを成長させてくれるエビス。

でも、今日は恐怖でいっぱい。 もう、止めておこう・・・。
1日券買って、合計20分程しか走らないで片付けました。
このリズムじゃ、確実に廃車にしそうです・・・。そんな流れでした

4_050 4_051

後は、三上の実験を1コーナーで見守るだけです。
最近のカメラは、動画機能があるので、口で伝えるより、見せたほうが断然早いし確実。

兄が、あんなに簡単そうに運転しているのに、三上は四苦八苦

「もうダメだぁ~。オレ、メカニックだけやろうかな~。
南・・・嫌い・・・」

かなりくじけていますが、テスト走行なんて、そう行ける時間も取れないので頑張るしかありません。

4_052_2 4_054_2

スカイライン&ブリッツで有名なTOPドライバー 野村さん↑と
スカイライン話に華が咲いている模様。
ブリッツの阿部さんと三上は、よくスカイラインのお話や
アドバイスを頂いているのですが、野村さんとはあまり話した事無いかもしれません。

三上スカイラインは、まだまだ色々な問題を抱えている。
Rの車高を落としたいけど、ロールバーにボルトにタイヤが当たっちゃって足が動かなくなる。とか、くだらないけど重要な問題が山盛り。
まぁ、一つ一つ手直ししていかなきゃ。

三上もタイヤがなくなってしまったので、早めに切り上げました。
片付け終わって、まだ明るかったので・・・行ってきました。

4_057 4_059

エビスサーキットから10分の所にある秘密基地!

4_060_2 4_062_2

産卵を終えたばかりなのか?40cmほどの見えバスが回遊している姿が見える。
が、全然反応しない。

私はこのダムを1週して投げまくり。
三上は25cm位の小バスGETと、40cm程の見えバスは、
バイト(引っ掛かる)だけで、釣りあがりませんでした。

はぁぁ~~~。エビスで働く通称「ひでさん」に嫌がらせの「いいだろぉ~」メールしてやろうと思ったのに・・・
私はまたまた坊主でした。
今日は、一日散々ですよ。
昨日、一昨日で運を使い果たしちゃったんだな~。

4_063 4_064

近くのPAにて夕食を取った後、いつもは東北道80Kポストまで頑張る三上だが、今日は110Kポストでダウン。

4_067  4_071

いつもは寝たら動かない三上がヤケに寝返りを打っています。
今日のエビス南でうなされているようです。

私は、無理やり起こされ、運転を替わって20分ほどでギブしそうでしたが、3UPまで死ぬ気で頑張って目を見開いて運転して帰りました。

4_070本当にクタクタです。

今日わかったことは一つ。

「末永直登はスゴイ」という事

ようやく埼玉県に入り見慣れた風景にホッとしました。

やったぞぉ~、一応車も無事に・・・?(前から刺さってバンパー割れているけど)帰ってきたぞぉぉ~。

家に帰って、ゆっくりお風呂に浸って気が付きました。

なんじゃこりゃぁ~!

4_072 私、アザが出来やすい体質で
(母も同じ。変な所だけ遺伝する)
ちょっとブツけるだけで、すごいアザが出来ます。

タイヤ交換するときにヒザを付くとなんか痛いなぁ~
とは思っていましたが、こんな風になっていたとは・・・。

まぁ、足を出す事無いからいいのだけど、右ヒジにもドリアザが出来ていました。

今日こそ8時間睡眠が出来そうです・・・。
明日から、バリバリ頑張らなきゃなぁ~。
でも、毎日精一杯頑張っているつもりです。

|

« みちのくD1フェスティバル | トップページ | 通常営業開始だが・・・ »

ドリフト走行会・大会」カテゴリの記事

バス釣り」カテゴリの記事